LOG IN

世界の果てで出逢える人

by ogura nana

何もない地に一目惚れして

今年の夏、豊洲のショッピングモールのとあるお店で大きく引き延ばされたモノクロ写真が目に入った。ただの木なんだけど、なんか魅力を感じて、何もなさそうな場所だけど私はその瞬間にここへ行きたいと彼に伝えた。

Joshua Tree National Park

どれくらい走ったかな、日が沈んでから「Salvation Mountain」を後にした。きっと2時間近く真っ暗な道を進み、途中電波も明かりもないところでガゾリンが底をつく赤いランプが点滅してこの旅の終わりかと思ったけど、なんとか辿りついた。満月の夜ジョシュアツリーと思われる敷地内に、車のライトを頼りにテントを張った。

(なんかひとりで撮影してた、私知らなかった笑)

眩しいくらいの月明かりの下、2人でお湯を沸かしてこの旅定番のパンにサラミやチーズを挟んでご飯にした。2人で海外キャンプはここが初めて。年内に新島、座間味島、そしてアメリカでキャンプをしてきたけど、ここでのキャンプが1番快適だった、ウルトラライトダウンにトレーナー、そして寝袋。程よい涼しさに旅疲れが出たのか、起きたら朝の11時だったから、良く眠れたんだと思う。

1泊1台の車で15$程だし(多分人数制限もあるけど)、今のところキャンプでオススメの場所を聞かれたらJoshua Tree National Parkと答えるよ。ただサソリがいるらしいので要注意。

アメリカのサボテンは一味違った

昼からPark内をゆっくりドライブ。2人とも写真を撮るのが好きだから、ここも・あそこも、ストップしすぎてなかなか進まない。

ポカポカなお天気の光に棘を透かせるサボテン。今までこんな世界みたことないと、はしゃいだのも束の間。サンダルだった私の足にかわいい小さな針が、それでも躊躇しないタツヤへ悲劇が。サンダルをも越えて栗のように丸く大きな棘が彼の足に刺さった。(そこら中に栗みたいなサボテンが落ちてて、踏み外して刺さった)

結果から言うとここへ行く時は必ず靴をオススメします。そして栗みたいなサボテンが足に刺さると抜けない。2人ともこの日でサボテンが少し嫌いになった。

ここは信じられないくらい大きな岩がゴロゴロ転がっていたり、のんびりPark内を見たいと思ったら1日じゃ時間が足りない。とはいえ、真夏のような暑さとあまり変わらない景色に私は少しずつ飽きてくる。

ひとりでこっそりお菓子を盗み食いしていても気がつけば盗撮されている。食べるか寝るか、写真を撮るか。この旅は今思えばその繰り返しだった。

突然の必然な出逢い

Park内を半分くらい北上した頃、のんびり車から降りて何もない景色を眺めて「本当にここへ来れたね〜」とか「明日はさ〜」とかたわいもない会話をしながら、風に当たってぼ〜っとしていた時。私たちの後ろの道路を車が通り過ぎた。

その時「ナナ〜!!!!!?!!」

と叫ばれた気がして、2人で顔を合わせて「?」ってなった。あれ?今「なな」って聞こえた?、そう彼が言って道路を覗くと白い車がバックのまま猛スピードで戻ってくる。

見たことある人が乗っている、、、、世界一周してる人と、アメリカ横断これからする人。同じTABIPPOで働く仲間2人がここにいる。。え?

状況が理解できず立ち尽くす(お尻をかく)わたし、笑いながら暴れる準備(靴をはく)をする1ヶ月前に世界一周へ出たさやねえ、ケラケラ笑う伊達。私の相棒は良くこの突然を写真に収めたと思う。

そして感動の再会、というか、感動の舞?自分がなんでこんな踊っているか記憶はないけど、それだけ嬉しかった。

東京にいても、会おう会おう言っても会わない人もいるのに、予定もしていなくてもアメリカの果てで、同じ日に同じ場所ですれ違うなんて、運命でしかないよ〜。と改めて感動。

さやねえと伊達っちに、アメリカで会うのは必然だったということ。とっても嬉しかったな〜。ということで、専属カメラマンも入れて記念撮影。

本当に大切な人は、世界の果てでも出逢える。

そんなことを感じて、しみじみジョシュアツリーを後にしました。出てすぐ突き当たりに美味しいコーヒー屋さんがあるので旅の疲れを癒すのはそこがオススメ(さやねえ情報)

かたわれどき

私たちは付き合う前に一緒に「君の名は」を見たこともあって、夕暮れの時間のことを、正確には夕方でもなく夜でもなく中間の不思議な時間を「かたわれどき」って呼んだりする。

オレンジ色の光に包まれる空間が幸せで、今日も楽しかったねってその日の太陽にさよならをする。その時間が心地よいから夕日が好きなんだと思う。

そんな時間を後にして次の目的地、北アメリカで気温が最も高くそして最も標高の低い場所「Death Valley National Park」へ。

のはずだったのに、寄り道して辿り着いたのはギラギラな街「Las Vegas」。

次のブログはラスベガス経由からのデスバレーについて!もうすぐ1ヶ月前のことになっちゃうなんてびっくりだけど言葉や写真に、旅を残しておくのってやっぱりいいなと感じる。

それでは今日もいい日を!
p.s/さやねえ、伊達っち早く会いたいね!

all photo by nana&tatsuya
Have a good day ;)nana



ogura nana
OTHER SNAPS