LOG IN

愛を片手に

by ogura nana

わたしはいつも変わらず変わってゆく

新しくやりたいことが頭を駆け巡ったり

現実に直面したり

弱くなったり、笑ったり

わたしはいつだって変わりどきで

それがわたしで。

最近は同棲を始めた

控えめに言っても人生でいちばん平凡な幸せの時間を

のんびりと過ごしているのは今な気がする

きっとそれは彼の性格も関係している

ついこないだ私が夜遅くにアパートへ帰る時

入り口の電気が遠くからも分かるくらいまんまるに煌々と光を放っていて

「今日外の電気を付けてたんだね」と私が言ったら

「誰かが帰ってくるときは家に明かりを灯して帰りを待つんだよ」

と言われてやっぱりこの人だと思った

わたしがひとりで道に迷って歩いてる時

涙いっぱいで目の前が歪んで見えない時

明かりを灯して迎えてくれるのはいつも彼で、

だからわたしはちゃんとここへ戻ってこれる。

学生を終えて2年経って変なプライドが高いから

仕事に趣味に充実してないとすぐ不安がよぎる

それにおまけに病までくっついてきた

だけどそれも全部わたし

全部わたしの一部なんだって

最近たくさんの人に会って

みんなのもってる感性を感じて

再確認できた

愛を片手に

のんびりと海風に吹かれながら

もう少し気楽に地球で生きてみようかな

もう片方の手はゆるりと今日の風を掴むくらいがちょうどいい

Kaupili nana

OTHER SNAPS